公募・採用の案内

  各学協会、大学、研究機関で掲載された公募・採用情報を紹介して
  おります。正確な情報は各リンク先でご確認ください。

 <募集終了した公募・採用情報>
  公募・採用(2018年度), 公募・採用(2019年度), 公募・採用(2020年度), 公募・採用(2021年度)

 <募集している公募・採用情報>

  ●高エネルギー加速器研究機構 加速器研究施設
   募集職種:技師、准技師又は技術員(任期なし)若干名
   配属先: 素粒子原子核研究所、物質構造科学研究所、加速器研究施設、共通基盤研究施設のうちいずれか
   着任時期: 2023年4月1日(予定)
   応募締切:2022/7/21 12時
   リンク:https://www.kek.jp/ja/jobs/20220608-2/

  ●一般財団法人総合科学研究機構
   採用予定人員:任期付職員(技術職) 若干名
   雇用期間:1年契約(契約更新は4回まで可能)
   業務内容:茨城県ビームライン事業に関する以下の業務を行います。
        (1)茨城県生命物質構造解析装置(iBIX)及び茨城県材料構造解析装置(iMATERIA)の運転維持管理、
          技術開発及び利用者支援
   応募締切:2022/8/10 必着
   リンク:https://neutron.cross.or.jp/ja/jobs/%e4%bb%bb%e6%9c%9f%e4%bb%98%e8%81%b7%e5%93%a1%ef%bc%88%e6%8a%80%e8%a1%93%e8%81%b7%ef%bc%89%e3%81%ae%e5%85%ac%e5%8b%9f%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%ef%bc%88%e5%85%ac%e5%8b%9f%e7%95%aa%e5%8f%b7/

  ●高エネルギー加速器研究機構 加速器研究施設
   公募:教授 1名
   業務内容:加速器研究施設に属し、先端加速器試験施設(ATF)のビーム運転および電子ビーム診断装置の開発研究において中核的な役割を担う。
        また、加速器研究施設が担当する加速器の運転・維持・性能向上に従事するとともに、高エネルギー加速器研究機構が進める将来計画に
        必要な加速器技術の開発研究を行う。
   着任:採用決定後、できるだけ早い時期
   応募締切:2022/8/5 正午必着
   リンク:https://www.kek.jp/wp-content/uploads/2022/06/accl22-1_kyouju.pdf

  ●高エネルギー加速器研究機構 加速器研究施設
   公募:教授 1名
   業務内容:加速器研究施設に属し、電子陽電子入射器におけるビーム力学及びビーム運転に関する研究開発において中心的な役割を担う。
        また、加速器研究施設が行う加速器の運転・維持・性能向上に従事するとともに、高エネルギー加速器研究機構が進める将来計画に
        必要な加速器技術の開拓的研究を行う。勤務地はつくばキャンパスである。
   着任:採用決定後、できるだけ早い時期
   応募締切:2022/8/5 正午必着
   リンク:https://www.kek.jp/wp-content/uploads/2022/06/accl22-2_kyouju.pdf

  ●高エネルギー加速器研究機構 加速器研究施設
   公募:教授 1名
   業務内容:加速器研究施設に属し,超伝導加速空洞製造の開発研究において中心的な役割を担う。
        また、加速器研究施設が行う加速器の運転・維持・性能向上に従事するとともに、高エネルギー加速器研究機構が進める将来計画に
        必要な加速器技術の開拓的研究を行う。勤務地はつくばキャンパスである。
   着任:採用決定後、できるだけ早い時期
   応募締切:2022/8/5 正午必着
   リンク:https://www.kek.jp/wp-content/uploads/2022/06/accl22-3_kyouju.pdf

  ●高エネルギー加速器研究機構 加速器研究施設
   公募:准教授 1名
   業務内容:加速器研究施設に所属し、加速器理論研究、特に SuperKEKB の性能向上に関するビーム力学研究において中核的役割を担う。
        また、加速器研究施設が行う加速器の運転・維持・性能向上に従事するとともに、高エネルギー加速器研究機構が進める将来計画に
        必要な加速器技術の開拓的研究を行う。勤務地はつくばキャンパスである。
   着任:採用決定後、できるだけ早い時期
   応募締切:2022/8/5 正午必着
   リンク:https://www.kek.jp/wp-content/uploads/2022/06/accl22-4_kyouju.pdf

  ●高エネルギー加速器研究機構 加速器研究施設
   公募:助教 1名
   業務内容:加速器研究施設に属し、大強度超伝導加速器の設計及び関連する開発研究に従事する。
        また、加速器研究施設が行う加速器の運転・維持・性能向上に従事するとともに、高エネルギー加速器研究機構が進める将来計画に
        必要な加速器技術の開拓的研究を行う。勤務地はつくばキャンパスである。
   着任:採用決定後、できるだけ早い時期
   応募締切:2022/8/5 正午必着
   リンク:https://www.kek.jp/wp-content/uploads/2022/06/accl22-5_kyouju.pdf

  ●高エネルギー加速器研究機構 加速器研究施設
   公募:特別助教 1名
   業務内容:加速器研究施設に属し、超伝導加速空洞に関する開発研究に従事する。
        また、加速器研究施設が行う加速器の運転・維持・性能向上に従事するとともに、高エネルギー加速器研究機構が進める将来計画に
        必要な加速器技術の開拓的研究を行う。勤務地はつくばキャンパスである
   着任:採用決定後、できるだけ早い時期
   応募締切:2022/8/5 正午必着
   リンク:https://www.kek.jp/wp-content/uploads/2022/06/accl22-6_kyouju.pdf

  ●理化学研究所RIKEN Hakubi Fellows(理研白眉研究チームリーダー(女性PI))
   研究分野:人文社会科学との境界領域を含む自然科学(数理科学を含む)
   採用予定:5年、評価により2年延長で最長7年
   応募締切日:2022年7月7日 (オンライン登録)、7月14日(書類アップロード締め切り)
   リンク:https://www.riken.jp/en/careers/programs/hakubi/sechikato2023/

  ●公益財団法人高輝度光科学研究センター (JASRI)
   公募:放射光利用研究基盤センター 散乱・イメージング推進室 定年制研究員 2名
   業務内容:(1)時分割小角・広角散乱チーム
            本公募では、小角・広角X線散乱法に関連した研究領域を担当する研究員を募集します。
           チームメンバーと協力して行う業務内容は、SPring-8の高輝度放射光を活用し、
           ユーザー利用の拡大と新規研究分野の開拓につながる測定・解析技術の開発、ならびに、
           主にBL40XUの共同利用実験のユーザー支援とビームライン運営です。測定・解析技術の開発については、
           特に大量データを活用した測定・解析技術の開発、機械学習を始めとした先端データ処理技術を活用した
           解析技術の開発を行っていただきます。また、SPring-8のアップグレードを見据えたビームラインの
           将来計画策定に意欲的な方を歓迎します。
        (2)顕微・動的画像計測チーム
            本公募では、SPring-8の高輝度放射光の特性を活かした、高感度X線イメージング計測手法の開発と、
           その利用支援を推進する研究員を募集します。手法開発に関わる業務はX線画像計測・画像解析技術の
           開発を対象とします。利用支援に関わる業務では、主にBL20B2におけるユーザー支援、
           ビームライン運営を担当していただきます。さらに、主にイメージングビームラインに関わる中・長期計画の
           策定にも参加していただきます。放射光利用実験の経験を有する方が望ましいですが、
           上記の業務内容を理解し、業務に取り組む意欲のある未経験の方も歓迎します。
   応募資格:博士の学位取得者、着任日までに博士の学位取得予定者、または、博士の学位取得者と同等以上の能力を有する方で、
        当該業務を推進することに対して意欲のある方。 なお、放射光分野での研究又は業務の経験の有無は問いません。
   着任時期:2022年10月1日以降、可能な限り早い時期。
   応募締切:2022年7月20日(水) 17時必着 (日本時間)
   リンク:http://www.jasri.jp/human-resources/research-job/22A002.html

  ●高エネルギー加速器研究機構 研究協力部国際企画課(加速器科学国際育成事業推進室併任)
   公募職種及び人員:特任上席/特任専任 リサーチアドミニストレーター(URA) 1名
            本機構では、URA 職を研究活動の活性化及び機能強化推進に従事する専門職として、
            教育・研究職、技術職、事務職と並ぶ「第4の職種」と定義し、上位から首席 URA、上席 URA、
            専任 URA、専門 URA の4つの職位を設置しています。今回公募するのは、
            任期付きの特任上席/特任専任 URA です。最終的に着任する段階で、
            これまでの経験や取得している学位等を参考に、従事する職務内容等を総合的に勘案した上で、職位を決定します。
   職務内容:(1)加速器科学及び関連分野における国際的な人材育成プログラムの検討・企画立案・実施
        (2)上記プログラムの実施状況・成果に係る情報収集・分析の統括
        (3)海外研究機関と共同事業に関する連携推進
        (4)国際研究戦略の企画・策定に資する情報の収集・分析
        (5)その他、URA として必要となる業務
   応募資格:以下に掲げる要件を全て満たす方 (担当業務により、特に重視する要件は若干異なります)
        (1) 本機構の研究内容を一定程度理解し、国際連携及び人材育成に関する業務に積極的に取り組む強い意欲があること
        (2) 次のアからウのいずれかに該当すること
         ア 修士の学位(特任上席は、博士の学位がのぞましい)を有する、またはそれと同等の能力を有する者
         イ 民間企業、大学・研究機関等で3年以上の研究推進支援、新規事業企画、プロジェクト管理、
           国際連携関係の競争的資金獲得業務、人材育成に関する業務等の経験を有する者
         ウ 大学・研究機関等で URA の経験を有する者
        (3) 組織的な業務遂行に必要な調整能力、交渉能力、プレゼンテーション能力、文章能力、
          コミュニケーション能力、パソコンスキル(Word、 PowerPoint、 Excel)、協調性等を有すること
        (4) 国際的な業務の特性上、英語でのコミュニケーション能力を有すること
   公募締切:令和 4 年 8 月 1 日(月)17 時 必着
   着任時期:令和 4 年 10 月 1 日以降のできるだけ早い時期(応相談)
   リンク:https://www.kek.jp/ja/jobs/ura22-2/

  ● 日本学術振興会 卓越研究員事業
   採用予定人数:10名程度
   専門分野:人文学、社会科学及び自然科学の全分野
   応募資格:a. 学位取得等:次の①から④の要件を全て満たす者
        ①博士の学位を取得した者又は博士課程に標準修業年限以上在学し、
         所定の単位を修得の上、退学した者(いわゆる「満期退学者」)
        ②令和5年4月1日現在、40 歳未満(ただし、臨床研修を課された医学系分野に在籍した者においては 43 歳未満)の者
         なお、出産又は育児により、合計3か月以上の間、研究を中断した者(性別を問わない)については、
         個別の事情に応じ、1~2年程度、上記の年齢要件について配慮します。
         ※この場合、申請時に出産・育児により研究を中断した旨を申請書類に記入し、本事由を証明する書類を追加提出していただきます。
        ③直近5年間(2017 年度以降)に研究実績(博士の学位を取得した者は、博士論文を含めてもよい)があること
        ④これまで文部科学省から卓越研究員として決定されたことがない者
       b. 国 籍:次の①又は②のいずれかに該当する者
        ①日本国籍を持つ者、又は我が国に永住を許可されている外国人
        ②我が国と国交がある国の国籍を有する者(台湾及びパレスチナの研究者については、これに準じて取り扱う。)
   応募締切:2022年6月16日
   リンク:https://www.jsps.go.jp/j-le/index.html

  ●京都大学 白眉センター 【グローバル型】
   対象とする分野:人文学、社会科学、自然科学の全ての分野を対象とします。
           なお、これらには、基礎から応用までのあらゆる「学術研究」を含みます
   応募資格:博士の学位を有する者(博士の学位を取得した者と同等以上の学術研究能力を有する者を含む)とします。
        応募者の国籍は問いません。ただし、過去において白眉プロジェクトで白眉研究者として
        採用されたことのある者は応募できません。また、京都大学の【部局連携型】との併願はできません。
   募集人員:特定助教:15名程度
        特定准教授又は特定講師:5名程度
   応募締切:2022年6月30日(木) 13:00(日本時間)
   リンク:https://www.hakubi.kyoto-u.ac.jp/rec/2022/recruit-global-type

  ●東京大学卓越研究員
   公募:教授、准教授、講師又は助教10人程度
   研究分野:全ての研究分野を対象。スタートアップ経費として300万円/年を2年間支援
   所属:東京大学における研究科、研究所、センター等のうちいずれかの部局に所属
   応募資格:博士の学位を有する者(同等の能力を有する者を含む。)
   採用予定:令和5年2月1日以降できるだけ早い時期
   公募締切:令和4年6月20日(月)17時(厳守)までに以下の応募登録フォームに応募登録を行ってください。
        後日、担当から登録完了メールを送付いたしますので、完了メールに記載する指示に従い、
        上記提出書類の電子ファイルを令和4年6月27日(月)17時(厳守)までにアップロードしてください。
        書類選考のうえ、合格者に対し面接選考を実施することがあります。(配属希望部局において実施予定)
   リンク:https://www.u-tokyo.ac.jp/content/400187377.pdf

  ●公益財団法人高輝度光科学研究センター (JASRI)
   公募:テニュアトラック研究員 17名
   業務内容:公益財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI)は、大型放射光施設SPring-8の加速器や
        ビームライン設備の運転・維持・管理、設備の高性能化等を行う施設運営支援業務と、
        SPring-8/SACLAの利用者の技術支援、普及啓発等を行う利用促進業務を主たる業務とする機関です。
        公益財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI)では、自らの研究、技術開発テーマを
        もって研究開発に取り組みつつ、これらの業務に携わる研究開発人材を求めています。
        ※各部門・室の取組みについては、「13.問合わせ先・応募書類送付先」のリンク先ホームページをご覧ください。
   応募資格:・自然科学系の博士号の学位取得者(着任日までに取得見込みの方も応募可)
        ・主体的に業務を遂行する意欲のある方
        なお、放射光分野での研究又は業務の経験の有無は問いません。
   着任時期:2023年4月1日(早期着任可能です。)
   雇用形態:・テニュアトラック研究員の契約は任期制で年度更新となります。
        ・更新は採用日から3年を限度とします。
        〔定年制職員への登用〕
         テニュアトラック研究員雇用契約期間中に実施する定年制職員への登用審査を
         経て、任期(3年)満了後、定年制研究員へ移行となります。ご本人の希望を
         確認した上で定年制研究員(技術担当)へ登用されるキャリアパスもあります。
         詳細は、「テニュアトラック研究員制度について」をご覧ください。
         http://www.jasri.jp/human-resources/2021T.html
   応募締切:2022年6月30日(木) 15時(日本時間)
   リンク:http://www.jasri.jp/human-resources/research-job/22T001.html

  ●理化学研究所RIKEN Hakubi Fellows(理研白眉研究チームリーダー)
   研究分野:人文社会科学との境界領域を含む自然科学(数理科学を含む)
   採用予定:5年、評価により2年延長で最長7年
   応募締切日:2022年7月7日 (オンライン登録)、7月14日(書類アップロード締め切り)
   リンク:https://www.riken.jp/en/careers/programs/hakubi/hakubi2023/

  ●高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所
   公募:助教 1名
   業務内容:素粒子原子核研究所ミューオン・中性子グループに所属し、J-PARCで準備を進めている
        ミューオン異常磁気能率(g-2)・電気双極子能率(EDM)の超精密測定実験を推進する。
        国内外の共同研究者と連携し、実験装置を設置する新しい実験エリア整備の中核を担うとともに、
        実験で必要となる基幹技術を開発する。勤務地は東海キャンパスとする。
   着任:採用決定後、できるだけ早い時期
   応募締切:2022/5/25 正午必着
   リンク:https://www.kek.jp/ja/jobs/ipns21-13/

  ●高エネルギー加速器研究機構 加速器研究施設
   公募:助教 1名
   業務内容:加速器研究施設に属し、SuperKEKBコライダー及び電子陽電子入射リニアックの増強計画に関わる開発研究に従事する。
        また、それらの加速器の運転、維持、性能向上に従事する。
   着任:採用決定後、できるだけ早い時期
   応募締切:2022/5/10 正午必着
   リンク:https://www.kek.jp/ja/jobs/accl21-13/

  ●高エネルギー加速器研究機構 加速器研究施設
   公募:特別助教 1名
   業務内容:加速器研究施設に属し、以下のいずれか
        ・J-PARC 加速器
        ・SuperKEKB コライダー (リング及び電子陽電子リニアック)
        ・放射光源加速器 (PF 及びPF-AR)
        において、運転維持・性能向上に従事するとともに、関連する加速器の将来計画に向けた開発研究を進める。
   着任:採用決定後、できるだけ早い時期
   応募締切:2022/5/10 正午必着
   リンク:https://www.kek.jp/ja/jobs/accl21-14/

  ●高エネルギー加速器研究機構 共通基盤研究施設 計算科学センター
   公募:特任助教 1名
   業務内容:共通基盤研究施設・計算科学センターに所属し、超並列放射線シミュレータMPEXSの放射線治療シミュレーションへの
        応用に向けた研究に従事する。境界領域への挑戦を目指す意欲的な人材を広い分野から求める。
        なお、外部資金による雇用であり、このプロジェクトに専念する義務がある。勤務地はつくばキャンパスである。
        研究の詳細は、https://wiki.kek.jp/pages/viewpage.action?pageId=152963520を参照のこと。
   着任:2022年7月1日以降できるだけ早い時期
   応募締切:2022/5/9 正午必着
   リンク:https://www.kek.jp/ja/jobs/arl21-11/

  ●高エネルギー加速器研究機構 共通基盤研究施設 計算科学センター
   公募:特任助教 1名
   業務内容:共通基盤研究施設・計算科学センターに所属し、放射線シミュレータGeant4および超並列放射線シミュレータMPEXSの開発と
        そのために必要な研究に従事する。境界領域への挑戦を目指す意欲的な人材を広い分野から求める。
        なお、外部資金による雇用であり、このプロジェクトに専念する義務がある。勤務地はつくばキャンパスである。
        研究の詳細は、https://wiki.kek.jp/pages/viewpage.action?pageId=152963520を参照のこと。
   着任:2022年7月1日以降できるだけ早い時期
   応募締切:2022/5/9 正午必着
   リンク:https://www.kek.jp/ja/jobs/arl21-12/

  ●高エネルギー加速器研究機構
   公募:技術員 若干名
   所属:素粒子原子核研究所、物質構造科学研究所、加速器研究施設、共通基盤研究施設のうちいずれか
   業務内容:高エネルギー加速器研究機構の各研究所・研究施設に所属し、研究課題に関する技術及び関連技術の開発を行うとともに、
        各研究所・研究施設が行う装置の運転・管理業務に従事する。詳細は募集要項をご覧ください。
   着任:2023年4月1日
   応募締切:2022/4/14 正午必着
   リンク:https://www.kek.jp/ja/jobs/20220301-2/

  ●高エネルギー加速器研究機構
   公募:技師、准技師又は技術員 若干名
   所属:素粒子原子核研究所、物質構造科学研究所、加速器研究施設、共通基盤研究施設のうちいずれか
   業務内容:高エネルギー加速器研究機構の各研究所・研究施設に所属し、研究課題に関する技術及び関連技術の開発を行うとともに、
        各研究所・研究施設が行う装置の運転・管理業務に従事する。詳細は募集要項をご覧ください。
   着任:2023年4月1日
   応募締切:2022/4/20 正午必着
   リンク:https://www.kek.jp/ja/jobs/20220301-4/

  ●筑波大学 研究基盤総合センター
   公募:技術職員 1名
   業務内容:常勤職員として、次に掲げる本センターの施設維持管理に関する業務等に従事する。
        1. オープンファシリティーに関する機器の維持管理・運用に係わる業務及び事務業務
          ※オープンファシリティー:本学における教育研究の高度化を図るため、研究設備の有効利用
           を推進することにより、最先端の機器を容易に利用することができるシステム
        2. 本センター応用加速器部門が管理している 1MV タンデトロン加速器の維持管理・運用に係わる業務
        3. 本センター応用加速器部門が管理している計測装置類の開発と維持管理・運用に係わる業務
        4. 本センター応用加速器部門で実施される研究に関する支援と放射線管理や安全衛生等の環境保全支援業務
   応募資格:1. 理工系の大学または高等専門学校を修了していること。
        2. 基本的なパソコンのスキルを有している者。できればデータ管理の経験があることが望ましい。
        3. 積極性、協調性に富み、責任感のある者
   着任:令和4年4月1日以降の早い時期
   応募締切:2022/3/18 正午必着
   リンク:https://www.tsukuba.ac.jp/about/jobs-information/pdf/202203010923.pdf

  ●特定研究開発法人 理化学研究所
   公募:基礎科学特別研究員 60名
   勤務先:理化学研究所内の受入研究室の所在地
   募集分野:数理科学(純粋数学、応用数学、計算機科学、情報科学、人工知能など)、
        物理学I(素粒子、原子核、宇宙など)、物理学II(物性)、
        化学、生物科学(細胞生物学、発生生物学、植物科学、構造生物学、微生物学、可視化・計測など)、
        医科学(脳神経科学、心理学、免疫学、癌、ゲノム科学など)、
        工学の科学技術分野で、理研の研究領域に関連性を有するもの。
       (ただし、審査の都合上、申請いただいた分野と審査する分野が異なる場合があります。)
   応募資格:下記1~5の条件を全て満たす者であること。
        1.研究計画に基づき、その研究を主体的に遂行する意志のある者。
        2.原則として2017年1月1日以降に博士号を取得した若手研究者
        (取得見込の者も応募可。ただし、採用日時点で博士号を取得していること。)
         ※なお、2016年12月31日以前に博士号を取得した者であっても、研究職以外での就職など、
          研究活動を中断していた期間がある場合、上記の日付から中断をしていた期間分遡って応募資格者として認める場合がある。
          該当者は、登録フォームに中断理由と中断期間の詳細を記入すること。申請の受理に関しては、
          申請書提出の締切後、審査部会にて中断理由を確認し、決定する。
          中断期間の例:産休・育休、民間企業等への就業(研究職以外)
        3.2023年度内(2023年4月1日~2024年3月31日)に着任可能な者。
        4.2013年4月1日以降、当研究所との有期雇用の通算契約期間が10年を超えることはありません。
        5.基礎科学特別研究員もしくは国際特別研究員に在籍履歴のある者は応募不可。
   任期:1.原則、2023年4月1日から2026年3月31日まで。(採用日は事情により応相談)
      2.契約期間3年
   応募締切:基本情報登録締切:2022年4月7日(木)午後5時(日本時間)
        提出書類(推薦書含む)アップロード締切:2022年4月14日(木)午後5時(日本時間・必着)
   リンク:https://www.riken.jp/careers/programs/spdr/career2023/   

  ●中部大学 ミュオン理工学研究センター
   仕事内容:ミュオン理工学研究センターでは、地上および宇宙におけるミュオンに関する基礎と応用の教育・研究を推進している。
        採用者は、本センターに所属し、ミュオンビームを利用した実験的研究に携わる。ミュオン触媒核融合に関連する実験的研究を
        発展させる能力と意欲のある方を特に希望する。特任助教・特任講師については、研究に支障の無い範囲で講義を担当する。
   雇用形態:特任助教~特任講師(嘱託契約)、常勤研究員(嘱託契約) 委嘱期間:採用年月から1年度単位の嘱託契約(4回を限度として更新の途あり)
   募集期間:2022年02月01日 ~ 2022年02月21日 必着
        適任者の採用が決まり次第、募集を締め切ります。
   応募資格:博士の学位を有するもしくは着任時までに取得見込みがあること。加速器を用いた物理学実験に関わる経験があれば望ましいが必須ではない。
        新しい実験手法の習得・改善などに意欲を有する方。 
   リンク:https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=0&id=D122011835&ln_jor=0

  ●理化学研究所
   募集人員:募集研究室 放射光科学研究センター 先端光源開発研究部門 レーザー駆動電子加速技術開発グループ 基盤開発チーム
   研究室の概要:当研究室は、光の波長と同じマイクロメータオーダーで物質・材料を設計するマイクロドメイン制御による
          「マイクロ固体フォトニクス」を提案、マイクロチップレーザー、セラミックレーザー、大口径QPM素子など分野を
          先導してきました。基盤開発チームでは、必要とする光学機能の発現、強調により輝度を高めジャイアントな光を望む
          “ジャイアントマイクロフォトニクス”を展開、分布面冷却(DFC)構造などを駆使した小型集積レーザー(TILA)により、
          レーザー駆動電子加速器システムに資するパワーレーザーシステムの研究開発を行います
   募集職種、募集人数:研究員、特別研究員、または、技師いずれかの職種で2名
             研究員、特別研究員については、博士号取得後5年以上の方を研究員、5年未満の方を特別研究員、として採用します。
   応募資格:修士以上の学位を持つ方。ただし、光(レーザー)の開発業務に10年以上従事した経験がある場合は学士以上でも可。
        光(レーザー)技術の知識がある方。
        積極性、協調性、柔軟性があり、臨機応変に対応できること。
        コミュニケーション能力があり、研究室内外の関係者と連携、協調して業務に従事できる方。
        分子科学研究所(愛知県岡崎市)とSPring-8(兵庫県佐用郡佐用町)との行き来に支障がない方。
        (両拠点での研究開発を予定しており、月2回程度両拠点を行き来する出張を予定。)
   待遇:1.単年度契約の任期制職員で、評価により採用日から7年を迎えた年度末を上限として再契約可能。
      2.ただし、能力、契約満了時の業務量、勤務成績、勤務態度、所属しているセンター等若しくは研究室等又は従事している
       プロジェクトの存続及び当研究所の経営の状況、予算状況等により、再契約可能期間については変更になる場合もあります。~
       また、原則として65歳を超えての再契約は行いません。
      3.2013年4月1日以降、当研究所との有期雇用の通算契約期間が10年を超えることはありません。
   締切日:候補者決まり次第
   リンク:https://www.riken.jp/careers/researchers/20220120_2/index.html

  ●名古屋大学全学技術センター
   募集人員:技術職員1名
   職務内容:1)光源加速器の運転、保守管理、改良
        2)光源加速器の性能向上のための機器類の設計・製作及び保守
        3)光源加速器の制御用ソフトウェアの改良、開発
        4)名古屋大学シンクロトロン光研究センターが推進する研究・教育に関係する装置・設備の設計・製作及び保守
   勤務場所:主としてあいちシンクロトロン光センター(瀬戸市南山口町)
   採用時期:令和4年4月1日以降可能な限り早い時期
   任  期:なし
   応募締切:令和4年2月9日(水)午後5時(必着)
   リンク:https://www.nagoya-u.ac.jp/employment/upload_images/20211221_tech.pdf


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-07-01 (金) 11:01:38 (5d)