若手発表賞

ビーム物理研究会・若手の会 「若手発表賞」

 1.趣旨
   ビーム物理分野の研究に取り組む若手研究者や学生の研究意欲を高め、研究者・社会人としての自立と発展を
   支援することを目的とし、優秀な発表者を表彰する。
 2.資格
   原則年齢問わないが学生もしくは任期付き教員・研究員であり、ビーム物理研究会・若手の会にて口頭発表を行った者。
 3.評価項目
   「発表の纏まり(背景,目的,手法,結果,結論,展望)」、「主体性」、「研究成果」を評価項目として重視する。
 4.選考方法
   数名の審査員による10段階評価を採点し若干名を選考する。
 5.表彰
   研究会閉会時に「ビーム物理研究会・会長名」の賞状(と副賞)を授与する。

 過去の研究会と受賞者(所属・身分は受賞当時)
  ■ ビーム物理研究会・若手の会2017 (主催:分子科学研究所)
   受賞者:4名
    ● 守屋 克洋 氏(JAEA・J-PARC, 博士研究員)
    ● 藤原 大 氏(核融合研, 助教)
    ● 冨田 大介 氏(室蘭工業大学, 大学院生)
    ● 宮原 巧 氏(九州大学, 大学院生)
  ■ ビーム物理研究会・若手の会2015 (主催:東大, 原子力機構, J-PARC)
   受賞者:2名
    ● 平 義隆 氏(産総研, 研究員)
    ● 大谷 将士 氏(KEK, 研究員)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-08 (木) 09:48:32 (7d)