#author("2020-01-15T15:48:09+09:00","default:beamSec","beamSec")
#author("2022-01-21T11:39:15+09:00","default:beamSec","beamSec")
**[[''公募・採用の案内'']] [#o1b81d1a]
&size(18){  ''各学協会、大学、研究機関で掲載された公募・採用情報を紹介して''};~
&size(18){  ''おります。正確な情報は各リンク先でご確認ください。''};~

&size(16){ ''<募集終了した公募・採用情報>''};~
&size(16){  [[公募・採用(2018年度)]], [[公募・採用(2019年度)]]};~
&size(16){  [[公募・採用(2018年度)]], [[公募・採用(2019年度)]], [[公募・採用(2020年度)]], [[公募・採用(2021年度)]]};~

&size(16){ ''<募集している公募・採用情報>''};~
&size(16){  ● ''国立大学法人 大阪大学 産業科学研究所''};~
&size(16){   公募:助教 1名};~
&size(16){   配属先:産業科学研究所 量子ビーム物理研究分野};~
&size(16){   職務内容: };~
&size(16){    (1) レーザープラズマ加速、ハイパワーレーザー応用、加速器ビーム利用研究};~
&size(16){      に関する研究開発業務};~
&size(16){    (2) 研究室運営、学部・大学院学生に対する研究・教育指導};~
&size(16){   応募資格:};~
&size(16){    (1) 着任時に博士の学位を有していること};~
&size(16){    (2) 専門分野で相当の研究業績を有していること};~
&size(16){   任期:5年、(1回再任可, 10年まで)};~
&size(16){   着任:2020年4月1日(以降できるだけ早い日)};~
&size(16){   応募締切:2020年2月14日 必着};~
&size(16){   リンク:[[https://www.sanken.osaka-u.ac.jp/jobs/asset/pdf/jobs_pdf/hosokai20191219.pdf]]};~
  ●理化学研究所~
   募集人員:募集研究室  放射光科学研究センター 先端光源開発研究部門 レーザー駆動電子加速技術開発グループ 基盤開発チーム~
   研究室の概要:当研究室は、光の波長と同じマイクロメータオーダーで物質・材料を設計するマイクロドメイン制御による~
          「マイクロ固体フォトニクス」を提案、マイクロチップレーザー、セラミックレーザー、大口径QPM素子など分野を~
          先導してきました。基盤開発チームでは、必要とする光学機能の発現、強調により輝度を高めジャイアントな光を望む~
          “ジャイアントマイクロフォトニクス”を展開、分布面冷却(DFC)構造などを駆使した小型集積レーザー(TILA)により、~
          レーザー駆動電子加速器システムに資するパワーレーザーシステムの研究開発を行います~
   募集職種、募集人数:研究員、特別研究員、または、技師いずれかの職種で2名~
             研究員、特別研究員については、博士号取得後5年以上の方を研究員、5年未満の方を特別研究員、として採用します。~
   応募資格:修士以上の学位を持つ方。ただし、光(レーザー)の開発業務に10年以上従事した経験がある場合は学士以上でも可。~
        光(レーザー)技術の知識がある方。~
        積極性、協調性、柔軟性があり、臨機応変に対応できること。~
        コミュニケーション能力があり、研究室内外の関係者と連携、協調して業務に従事できる方。~
        分子科学研究所(愛知県岡崎市)とSPring-8(兵庫県佐用郡佐用町)との行き来に支障がない方。~
        (両拠点での研究開発を予定しており、月2回程度両拠点を行き来する出張を予定。)~
   待遇:1.単年度契約の任期制職員で、評価により採用日から7年を迎えた年度末を上限として再契約可能。~
      2.ただし、能力、契約満了時の業務量、勤務成績、勤務態度、所属しているセンター等若しくは研究室等又は従事している~
       プロジェクトの存続及び当研究所の経営の状況、予算状況等により、再契約可能期間については変更になる場合もあります。~~
       また、原則として65歳を超えての再契約は行いません。~
      3.2013年4月1日以降、当研究所との有期雇用の通算契約期間が10年を超えることはありません。~
   締切日:候補者決まり次第~
   リンク:https://www.riken.jp/careers/researchers/20220120_2/index.html

&size(16){  ● ''高エネルギー加速器研究機構 加速器研究施設''};~
&size(16){   所属:高エネルギー加速器研究機構 加速器研究施設};~
&size(16){   応募資格:研究教育上の能力があると認められる者。};~
&size(16){   着任:2020年4月1日以降できるだけ早い時期};~
&size(16){   応募締切:2020年2月6日 正午必着};~
&size(16){   任期:なし};~
&size(16){   <公募1>};~
&size(16){    公募:教授 1名};~
&size(16){    業務内容:電子陽電子入射器において、常伝導加速管の開発と電子ビームの};~
&size(16){      安定加速の研究において中心的な役割を担う};~
&size(16){    リンク:[[https://www.kek.jp/ja/Jobs/2019/12/accl19-7_kyouju.pdf]]};~
&size(16){   <公募2>};~
&size(16){    公募:教授 1名};~
&size(16){    業務内容:J-PARC加速器(リニアック,RCS,MR)のビーム強度増強において};~
&size(16){      中心的な役割を担う};~
&size(16){    リンク:[[https://www.kek.jp/ja/Jobs/2020/01/accl19-8_kyouju.pdf]]};~
&size(16){   <公募3>};~
&size(16){    公募:准教授 1名};~
&size(16){    業務内容:SuperKEKBの最終収束用超伝導電磁石システムに関する開発研究・};~
&size(16){      運転・維持・性能向上において中核的な役割を担う};~
&size(16){    リンク:[[https://www.kek.jp/ja/Jobs/2020/01/accl19-9_junkyouju.pdf]]};~
  ●名古屋大学全学技術センター~
   募集人員:技術職員1名~
   職務内容:1)光源加速器の運転、保守管理、改良~
        2)光源加速器の性能向上のための機器類の設計・製作及び保守~
        3)光源加速器の制御用ソフトウェアの改良、開発~
        4)名古屋大学シンクロトロン光研究センターが推進する研究・教育に関係する装置・設備の設計・製作及び保守~
   勤務場所:主としてあいちシンクロトロン光センター(瀬戸市南山口町)~
   採用時期:令和4年4月1日以降可能な限り早い時期~
   任  期:なし~
   応募締切:令和4年2月9日(水)午後5時(必着) ~
   リンク:https://www.nagoya-u.ac.jp/employment/upload_images/20211221_tech.pdf

&size(16){  ● ''国立大学法人 京都大学大学院 工学研究科''};~
&size(16){   公募:助教(青藍プログラム助教) 1名};~
&size(16){   配属先:電気工学専攻};~
&size(16){   業務内容: };~
&size(16){    (1) 電気電子工学をバックグラウンドとして、基礎から応用に至るいずれか、};~
&size(16){          もしくは両方の領域において電気工学専攻の既存の研究分野と密接な};~
&size(16){          連携をとりつつ、また海外との連携も視野に入れて研究を展開し、};~
&size(16){          基礎学理の追求や新規学際分野への挑戦を通して電気工学専攻の展開する};~
&size(16){          研究分野の発展に寄与する業務};~
&size(16){    (2) 本研究科ならびに兼担となる工学部電気電子工学科における授業科目の担当};~
&size(16){          あるいは分担。学部科目では数学系の基礎科目、電気電子工学の基礎・発展};~
&size(16){          科目(実験・実習・演習系科目、大学院科目では、修士課程における電気};~
&size(16){          電子工学に関連する実習・演習系科目など)};~
&size(16){    (3) 大学院生の修士論文および博士論文、学部生の学士論文の研究指導の分担};~
&size(16){   応募資格:};~
&size(16){    (1) 着任時において博士の学位を有すること};~
&size(16){    (2) 先端電気システム論、自動制御工学、システム創成論、複合システム論、};~
&size(16){          生体機能工学、超伝導工学、電磁回路工学、電磁エネルギー工学などの};~
&size(16){          電気工学の学術分野における学識をベースに新規性、独創性、発展性に};~
&size(16){          富む研究を展開し、その業績に関して国際的に認められる評価を得ていること};~
&size(16){    (3) 本専攻での教育ならびに工学部電気電子工学科、全学共通科目等での};~
&size(16){          教育・指導に熱意を有し、そのために必要な学識と経験を有すること};~
&size(16){    (4) 原則として 1 年程度の海外での研修を雇用期間中に行えること};~
&size(16){    (5) 博士の学位取得後、概ね 3 年以内であること};~
&size(16){   任期:7年、(再任なし)};~
&size(16){   着任:2020年7月1日または、それ以降なるべく早い時期};~
&size(16){   応募締切:2020年3月2日 消印有効};~
&size(16){   リンク:[[http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/about/acceptance/other/koubo/kougaku/2019/200302_1700.html/at_view/file]]};~
  ●公益財団法人高輝度光科学研究センター (JASRI)~
   募集人員:(1)光源基盤部門 軌道解析・モニタ-グループ~
           定年制研究員 1名~
        (2)光源基盤部門 加速器機器グループ~
           定年制研究員 2名~
   募集分野と業務内容:SPring-8加速器の運転、維持管理、高度化、および次世代放射光源を見据えた加速器の開発を行います。~
             加速器における詳細な担当は着任決定後に相談することとしますが、今回は特に、軌道解析チームに所属して~
             ビームダイナミクス等の数値計算をする方、磁石チームに所属して各種磁石、電源システムのいずれかの開発を担当する方、~
             もしくは高周波チームに所属して各種高周波機器の開発を担当する方を歓迎します。 ~
   応募資格:・博士の学位取得者又は着任日までに博士の学位取得予定者。~
        ・博士の学位取得者と同等以上の能力を有する方で、当該業務を推進することに対して意欲のある方。~
   応募締切:2022年1月21日(金) 15時必着 (日本時間)~
   リンク:http://www.jasri.jp/human-resources/research-job/21A023.html

&size(16){  ● ''国立大学法人 東京大学大学院 新領域創成科学研究科''};~
&size(16){   公募:教授 1名};~
&size(16){   配属先:複雑理工学専攻};~
&size(16){   業務内容: };~
&size(16){    (1) プラズマ物理学、核融合科学、トカマク物理などの分野における教育と研究};~
&size(16){    (2) 新領域創成科学研究科核融合研究教育プログラムの運営に主体的役割};~
&size(16){    (3) JT-60SAトカマクにおけるプラズマ物理研究を主導};~
&size(16){   応募資格:};~
&size(16){    (1) プラズマ物理学あるいは関連分野における博士の学位を有する者};~
&size(16){    (2) 講義、学生指導、専攻会議での議論等を日本語と英語で行える者};~
&size(16){    (3) 国際協力プロジェクトJT-60SAにおいて日本を代表し、主導できる者};~
&size(16){   任期:5年、(1回再任可, 10年まで)};~
&size(16){   着任:2020年6月1日以降なるべく早く};~
&size(16){   応募締切:2020年2月3日 必着};~
&size(16){   リンク:[[http://www.k.u-tokyo.ac.jp/info/entry/6_entry29/]]};~
  ●公益財団法人高輝度光科学研究センター (JASRI)~
   募集人員:光源基盤部門 加速器機器グループ~
        定年制研究員(技術担当)2名~
   募集分野と業務内容:SPring-8光源加速器における以下の担当者を募集します。~
            (1)真空チーム~
              光源加速器における真空装置の維持管理、高性能化に従事していただきます。維持管理業務としては、真空装置の保守、~
              ユーザー運転時の緊急対応を含むトラブル対応が担当となります。高性能化業務としては、次世代放射光源開発に従事していただき、~
              新たな真空システムの開発を担っていただきます。業務は全て他スタッフとともに行います。~
            (2) 磁石チーム~
              光源加速器における電磁石、電源、またはその両者の維持管理、高性能化に従事していただきます。維持管理業務としては、~
              電磁石、電源の保守、ユーザー運転時の緊急対応を含むトラブル対応が担当となります。高性能化業務としては、次世代放射光源開発に従事していただき、~
              主に新規電源開発、電磁石開発等を担っていただきます。ただし、当初からこれら全てを担当するのではなく、~
              応募者の得意分野、興味、スキル、採用時の受け入れ側の状況(プロジェクトの進捗)等を考慮し、協議した上で決めます。業務は全て他スタッフとともに行います。 ~
   応募資格:大卒の場合~
       ・ 理工系大学の卒業者、あるいは、これと同等以上の能力を有する者(大学・研究所または 民間企業等における関連する業務経験を勘案して学歴要件を緩和することも可能とする。)~
         真空システム、磁石システム、電源等のいずれかに関する経験を有すること。~
        院卒の場合~
       ・ 博士の学位取得者、着任日までに博士の学位取得予定者、または、博士の学位取得者と同等以上の能力を有する方。~
         真空システム、磁石システム、電源等のいずれかに関する経験を有すること。~
   応募締切:2022年1月21日(金) 15時必着 (日本時間)~
   リンク:http://www.jasri.jp/human-resources/research-job/21A024.html

&size(16){  ● ''国立大学法人 東京大学 物性研究所''};~
&size(16){   公募:助教 1名};~
&size(16){   配属先:附属極限コヒーレント光科学研究センター(松田巌研究室)};~
&size(16){   研究内容: };~
&size(16){    (1) 松田巌所員と協力し放射光を用いた物性実験による先端的物質科学の研究};~
&size(16){    (2) SPring-8軟X線ビームライン(BL07LSU)にて物理及び化学現象の研究};~
&size(16){    (3) 次世代放射光の 利用を目指した技術開発及び分野開拓};~
&size(16){   応募資格:博士号取得あるいは見込みの方};~
&size(16){   任期:5年、(1回再任可, 10年まで)};~
&size(16){   着任:採用決定後なるべく早く};~
&size(16){   応募締切:2020年1月31日 必着};~
&size(16){   リンク:[[http://www.issp.u-tokyo.ac.jp/maincontents/jobs/detail/0110-ra-matsuda.pdf]]};~
  ●公益財団法人高輝度光科学研究センター (JASRI)~
   募集人員:光源基盤部門 制御グループ 先端応用制御チーム~
         定年制研究員 (技術担当)1名~
   募集分野と業務内容:光源加速器における加速器制御システムの維持管理及び開発に従事していただきます。具体的には、~
             産業用計算機システム(VME、MicroTCA、PLCを使用中)の運用及びデバイスドライバーを含むアプリケーションソフトウェア開発を主に担当していただきます。 ~
             また、本人の適性に応じて、制御システムを構成する他の機器類の維持管理、開発にも携わっていただきます。~
   応募資格:理工系大学の学部卒業者、あるいは、これと同等以上の能力を有する方で、機器制御システムの維持管理・開発に意欲がある方。~
        上記のいずれかの産業用計算機システムの運用、もしくはC言語等によるソフトウェア開発について経験を有すること。~
   応募締切:2022年1月21日(金) 15時必着 (日本時間)~
   リンク:http://www.jasri.jp/human-resources/research-job/21A025.html

  ●CROSS 一般財団法人 総合科学研究機構~
   公募職種:職員(幹部級)(定年制)1名~
   職務内容:J-PARC MLF における学術および産業利用促進業務は以下のとおりである。~ 
        (1)  学術的または産業的インパクトの高い成果に繋がる利用課題の選定 ~
        (2)  利用成果情報の分析・公開、広報、および研究会の開催などによる新たな利用者開拓および利用分野拡大 ~
        (3)  利用推進に係る外部機関との連携・調整など ~
        (4)  産学連携に係る受託事業などの独自事業の推進 ~
        (5)  先導的研究開発の推進~
   応募資格:(1)  研究および研究マネジメント経験を有し、リーダとして業務を行える方 ~
        (2)  共同利用施設の利用または運営経験を有する方 ~
        (3)  産学連携推進事業の業務経験を有する方~
   公募締切:令和3年12月15日(水)~
   リンク:https://neutron.cross.or.jp/ja/jobs/%e8%81%b7%e5%93%a1%ef%bc%88%e5%b9%b9%e9%83%a8%e7%b4%9a%ef%bc%89%ef%bc%88%e5%ae%9a%e5%b9%b4%e5%88%b6%ef%bc%89%e3%81%ae%e5%85%ac%e5%8b%9f%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%ef%bc%88%e5%85%ac%e5%8b%9f/

  ●自然科学研究機構分子科学研究所UVSOR~
   公募人員:主任研究員 1名~
   所属:極端紫外光研究施設(UVSOR)~
   職務内容:X線光学の技術開発およびX線顕微鏡による放射光利用研究の推進。~
        最近の国際動向を踏まえた中長期計画を極端紫外光研究施設長とともに立案し、施設運営に協力する。~
        当該施設の放射光ビームラインの維持管理および国内外の研究者による施設利用に関する業務を分担する。~
   資格:修士課程修了者又はこれと同等以上の学力を有する者~
   公募締切:2021年12月10日(金)(必着)~
   リンク:https://www.ims.ac.jp/recruit/2021/11/211210.html

  ●東北大CYRIC加速器研究部~
   職名と人員:助教 1名~
   所属部門:加速器研究部~
   専門分野・職務内容:本センターのサイクロトロン加速器の高度化・運転・維持管理を主導し、学際的な環境における共同利用研究活動を~
        積極的かつ協調的に支援するとともに、加速器研究部の伊藤正俊教授と協力して、サイクロトロンを用いた原子核物理および~
        加速器の高度化に関する独自の研究を推進する。また理学研究科・物理学専攻の協力講座の一員として学部と大学院の教育に~
        あたるとともに、他の4研究部と共に学内外との学際的共同研究に努める。~
   着任時期:採用決定後できるだけ早期の着任が望ましい。~
   応募資格:博士の学位を有する者、または着任までに学位取得が確実な者。第1種放射線取扱主任者試験に合格、~
        あるいは就任後早期に取得することが望ましい。~
   待遇:任期5年(評価により再任可)~
   公募締切:令和4年1月5日(水)必着~
   リンク:https://www.cyric.tohoku.ac.jp/2021/11/09/recruitment-information/

  ●理化学研究所~
   募集研究室:理化学研究所 仁科加速器科学研究センター 加速器基盤研究部 リニアックチーム~
   募集の概要:理研RIビームファクトリー(RIBF)の重イオンリニアック(RILAC)は、RIBF複合加速器施設の入射器として大強度中重核ビームを供給するのみならず、~
         超重元素探査実験やRI製造など多様な実験に直接ビームを供給し世界トップレベルの研究成果を生み出しています。RILACは主として周波数可変型RFQ、~
         周波数可変ウィデレー型線形加速器、周波数可変型DTLに最近運用を開始した超伝導線形加速器を併せた総加速電圧39MVのシステムです。当チームは、~
         RILACの効率的かつ安定的な運用に向け、運転・維持管理・高度化を担当しています。。~
   職務内容:リニアックチームを主宰し、周波数可変線形加速器 RILAC の安定運用、性能向上において主導的役割を担う。特に、多様なイオン種の大強度ビームの供給を目指して、~
        新たに導入された超伝導線形加速器 SRILAC で、世界最高性能を誇る 28-GHz 超伝導 ECR イオン源から供給される大強度のビームを安定に加速し供給する技術を~
        新たに開発する。また、センターの他の研究開発チームと協力して、 RILAC を利用した新しい研究を技術的に推進する。ここで得られる最新技術を発信するとともに、~
        国内外の研究機関と連携してさらなる高性能加速器の研究開発を行い、加速器及びそれを利用する科学コミュニティヘの貢献をしていただく。~
        併せて既存の周波数可変線形加速器の安定運用、性能向上も担当する。これらの研究活動を通してチームにおける人材の育成にも努める。~
   募集職種、募集人数:チームリーダー 1名~
   応募資格:加速器に関するすぐれた研究開発・運用実績を有し、上記RILACの性能向上に関する業務を所内関連部署や関連研究コミュニティと連携して実施する意欲のある方。~
        関連分野での博士号を有する、もしくはそれに相応する実績を有する方。国籍は問いません。~
   締切日:2022年1月12日正午(日本時間)必着~
   リンク:https://www.riken.jp/careers/researchers/20211011_1/index.html


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS