#author("2019-05-08T03:46:58+09:00","default:beamSec","beamSec")
**[[''公募・採用の案内'']] [#o1b81d1a]
&size(16){  各学協会、大学、研究機関で掲載された公募・採用情報を紹介して};~
&size(16){  おります。正確な情報は各リンク先でご確認ください。};~

&size(16){ ''<募集終了した公募・採用情報>''};~
&size(16){  [[公募・採用(2018年度)]], [[公募・採用(2019年度)]]};~

&size(16){ ''<募集している公募・採用情報>''};~
&size(16){  ● ''東邦大学 理学部''};~
&size(16){   公募:講師または准教授 1名};~
&size(16){   所属先:東邦大学 理学部 物理学科(レーザー分野)};~
&size(16){   専門分野:レーザーを用いた実験的研究分野};~
&size(16){   応募資格:博士の学位を有し、研究・教育に熱意をもって取り組める方};~
&size(16){   任期:なし};~
&size(16){   着任時期:2020年4月1日};~
&size(16){   応募締切:2019年8月5日 必着};~
&size(16){   リンク:[[https://www.toho-u.ac.jp/sci/ph/saiyo/ba3kg5000001txz9-att/2019_phys_kobo_laser.pdf]]};~

&size(16){  ● ''大阪工業大学 工学部''};~
&size(16){   公募:特任講師 1名};~
&size(16){   所属先:大阪工業大学 工学部 一般教育科};~
&size(16){   担当科目:物理学実験、物理学教育、演習等};~
&size(16){   応募資格:};~
&size(16){    (1) 博士号の学位を有し、独立して研究を続けられる方};~
&size(16){    (2) 物理教育に理解があり、情熱を持っている方};~
&size(16){    (3) 自身の研究と物理教育を両立できる方};~
&size(16){   任期:5年(業績により再任または専任教員への任用替えの可能性あり)};~
&size(16){   着任時期:2020年4月1日};~
&size(16){   応募締切:2019年6月3日 必着};~
&size(16){   リンク:[[http://www.oit.ac.jp/japanese/saiyo/04.G-2020.pdf]]};~

&size(16){  ● ''高エネルギー加速器研究機構 加速器研究施設''};~
&size(16){   公募:技師または准技師 1名};~
&size(16){   職務内容:加速器を構成する装置及び付随する電源・制御の技術開発と運転};~
&size(16){   応募資格:};~
&size(16){    (1) 高等専門学校または理工系大学卒業者、或いはこれと同等の能力を有する者};~
&size(16){    (2) 大学・研究 所或いは民間企業において、加速器に関連する技術業務の経験者};~
&size(16){      もしくは電気・電子技術、 真空技術、計測・制御技術、高周波技術など};~
&size(16){      に関する実務経験を有する者};~
&size(16){   配属:加速器研究施設};~
&size(16){   任期:なし};~
&size(16){   着任:2020年4月1日(予定)。状況によってそれ以前に採用の可能性もあり(応相談)};~
&size(16){   応募締切:2019年7月12日 17時 必着};~
&size(16){   リンク:[[https://www.kek.jp/ja/Jobs/2019/04/gijutsu19-3.pdf]]};~

&size(16){  ● ''特定研究開発法人 理化学研究所''};~
&size(16){   公募:研究員 1名、特別研究員もしくはテクニカルスタッフ 1名};~
&size(16){    研究員:チーム等の研究課題を実施する};~
&size(16){    特別研究員:育成指導を受けて、チーム等の研究課題を実施する};~
&size(16){    テクニカルスタッフI:研究チーム等の技術的支援を自らの裁量で行う};~
&size(16){    テクニカルスタッフII:指導を受けて、研究チーム等の技術的支援を行う};~
&size(16){   配属先:バドンゾーン研究推進プログラム 中赤外レーザー光源研究開発チーム};~
&size(16){   職務内容:};~
&size(16){    (1) 中赤外領域における固体レーザーおよび波長変換システムの研究開発};~
&size(16){    (2) 装置の小型、軽量化に向けた設計開発};~
&size(16){    (3) 実験室の各種管理};~
&size(16){   応募資格:};~
&size(16){    全般:2013年4月1日以降、当研究所との有期雇用の通算契約期間が10年未満の者};~
&size(16){    研究員:レーザー工学分野または非線形光学分野の博士号取得後5年を超え、};~
&size(16){      10年以内の方};~
&size(16){    特別研究員:レーザー工学分野または非線形光学分野の博士号取得後5年以内の方};~
&size(16){      もしくは採用日まで取得見込みの方};~
&size(16){    テクニカルスタッフ:各種レーザー光源またはレーザー応用装置の開発経験を};~
&size(16){      有する方。レーザー光源および同応用装置開発に興味があり、制御回路、};~
&size(16){      電源回路設計技術または光学系設計技術を有する方};~
&size(16){   任期:単年度更新(最長2023年3月31日まで更新可能)};~
&size(16){   着任:候補者決定後、出来るだけ早い時期(応相談)};~
&size(16){   応募締切:候補者決定次第、締め切り};~
&size(16){   リンク:[[http://www.riken.jp/careers/researchers/20180606/]]};~

&size(16){  ● ''国立大学 大阪大学 理学研究科''};~
&size(16){   公募:特任研究員 1名};~
&size(16){   専門分野:量子ビーム科学};~
&size(16){   研究内容:};~
&size(16){    科研費(新学術領域研究)「宇宙観測検出器と量子ビームの出会い。新たな応用への架け橋。」};~
&size(16){    のB01班「負ミュオンビームを用いた新たな非破壊元素分析法」に関する研究に従事};~
&size(16){    (1) ガンマ線イメージング検出器の開発};~
&size(16){    (2) 素粒子ミュオンを用いたミュオン特性X線測定による非破壊元素分析実験};~
&size(16){   配属先:大阪大学 豊中キャンパス 理学研究科 化学専攻};~
&size(16){   応募資格:};~
&size(16){    (1) 博士号の学位を有する方、もしくは着任まで取得予定の方};~
&size(16){    (2) 業務遂行に支障のないレベルの英語能力がある方};~
&size(16){    (3) 放射線計測(ミュオン特性X線計測)の研究に関心がある方};~
&size(16){    (4) 新たな元素分析法の開発研究に今後熱意を持って取り組める方(経験は問わない)};~
&size(16){   任期:採用日から2020年3月31日まで(最長2023年3月31日まで更新の可能性あり)};~
&size(16){   着任時期:2019年7月1日以降のできるだけ早い時期};~
&size(16){   応募締切:2019年5月20日 必着};~
&size(16){   リンク:[[https://www.sci.osaka-u.ac.jp/ja/recruit/]]};~

&size(16){  ● ''公益財団法人 高輝度光科学研究センター 光源基盤部門''};~
&size(16){   公募:研究員(定年制) 若干名};~
&size(16){   配属:加速器機器グループ もしくは 軌道解析・モニターグループ};~
&size(16){   研究内容:};~
&size(16){    (1) SPring-8加速器の運転、維持管理、高度化};~
&size(16){    (2) 次世代放射光源を見据えた加速器開発};~
&size(16){   応募資格:};~
&size(16){    (1) 博士号の学位を有する方(応募の時点で学位取得見込みの方も含む)};~
&size(16){    (2) 加速器の高度化・開発に意欲のある方(現時点の実績は問わない)};~
&size(16){   任期:なし};~
&size(16){   着任時期:2019年9月1日以降(要相談)};~
&size(16){   応募締切:2019年6月28日(金) 必着};~
&size(16){   リンク:[[http://www.jasri.jp/human-resources/research-job/274.html]]};~

&size(16){  ● ''国立大学法人 東京大学''};~
&size(16){   公募:助教 1名};~
&size(16){   配属先:東京大学 物性研究所 極限コヒーレント光科学研究センター 岡崎研究室};~
&size(16){   研究内容:};~
&size(16){    先端的なレーザーを利用して、超高分解能光電子分 光を用いた非従来型超伝導などの物性の};~
&size(16){    発現機構の解明や、時間分解光電子分光を用いた光による物性制御・光誘起新物質創成の研究};~
&size(16){   求める研究者像:};~
&size(16){    (1) 先端分光を用いた物質科学に強い関心を持つ方};~
&size(16){    (2) 先端的なレーザー光電子分光の開発に従事する意欲のある研究者};~
&size(16){    (3) これまでの研究分野は問わない};~
&size(16){   応募資格:博士号取得済み、あるいは取得見込みの方};~
&size(16){   任期:5年(1回に限り再任可)};~
&size(16){   着任:決定後なるべく早い時期を希望};~
&size(16){   応募締切:2019年5月31日 必着};~
&size(16){   リンク:[[http://www.issp.u-tokyo.ac.jp/maincontents/jobs/detail/3104-ra-okazaki.pdf]]};~

&size(16){  ● ''福岡大学 理学部 物理科学科''};~
&size(16){   公募:准教授または講師 1名};~
&size(16){   専門分野:物理情報計測(量子情報科学)};~
&size(16){   研究内容:量子情報科学(量子光学、量子コンピュータ、量子エレクトロニクス、};~
&size(16){    量子計測等)を専門とし、主として実験的研究を行う方。独立して研究室を運営する};~
&size(16){   授業科目:物理学の専門教育、基礎教育、教養教育を担当できる方};~
&size(16){   応募資格:博士号を有し、本学における研究教育に熱意のある方};~
&size(16){   配属:福岡大学 理学部 物理科学科};~
&size(16){   任期:なし};~
&size(16){   着任:2020年4月1日};~
&size(16){   応募締切:2019年6月14日 必着};~
&size(16){   リンク:[[http://www.sci.fukuoka-u.ac.jp/content/files/sp_files/jinji_2019.pdf]]};~

&size(16){  ● ''高エネルギー加速器研究機構 共通基盤研究施設''};~
&size(16){   公募:准教授 1名};~
&size(16){   研究内容:};~
&size(16){    (1) 超伝導応用、低温技術に関する先進的研究開発及び技術支援を担う};~
&size(16){    (2) CERN-LHC加速器アップグレード計画の為の超伝導磁石開発協力において中核的役割を担う};~
&size(16){   応募資格:研究教育上の能力があると認められる者。};~
&size(16){   配属:共通基盤研究施設 超伝導低温工学センター};~
&size(16){   任期:なし};~
&size(16){   着任:2019年7月1日以降、できるだけ早い時期};~
&size(16){   応募締切:2019年5月17日 正午 必着};~
&size(16){   リンク:[[https://www.kek.jp/ja/Jobs/2019/03/25/1456/]]};~

&size(16){  ● ''国立大学法人 電気通信大学''};~
&size(16){   公募:助教(常勤、テニュア教員) 1名};~
&size(16){   所属:情報理工学研究科 基盤理工学専攻 物理工学プログラム};~
&size(16){   募集分野:広い意味での物性物理学};~
&size(16){        固体物理、計算物理、統計物理、ソフトマター、生物物理、原子・分子・光物理};~
&size(16){   担当科目:力学、電磁気学、量子力学、熱力学、熱統計物理学、物理数学、基礎科学実験、物理工学実験から数科目};~
&size(16){   応募資格:};~
&size(16){    (1) [[卓越研究員事業:http://www.mext.go.jp/a_menu/jinzai/takuetsu/index.htm]]に申請する者};~
&size(16){    (2) 博士の学位を有する、またそれと同等の能力を有する方};~
&size(16){    (3) 上記の専門分野において実績があり、本専攻の上記分野の研究者とも連携しつつ};~
&size(16){      教育と研究を通して同分野の発展に貢献できる方};~
&size(16){    (4) 日本語により学生を指導できること};~
&size(16){   研究費:支給制度あり};~
&size(16){   任期:採用日から5年間(テニュア教員(准教授)への採用の可能性あり)};~
&size(16){      テニュア教員への採用が見送られた場合、転出等の準備のために、最長2年間の延長可能};~
&size(16){   着任:2019年10月1日以降のできるだけ早い時期};~
&size(16){   応募締切:2019年4月24日(卓越研究員事業)、2019年5月31日 17時必着(専攻宛)};~
&size(16){   リンク:[[https://www.uec.ac.jp/about/advertisement/pdf/ad_20190311.pdf]]};~

&size(16){  ● ''高エネルギー加速器研究機構 加速器研究施設''};~
&size(16){   公募:助教 若干名};~
&size(16){   研究内容:};~
&size(16){    (1) 加速器研究施設に属し、超伝導加速空洞の応用に関する開発研究に従事する};~
&size(16){    (2) 加速器研究施設が行う加速器の運転・維持・性能向上に従事する};~
&size(16){   応募資格:研究教育上の能力があると認められる者。これまでの分野は問わない。};~
&size(16){   任期:なし};~
&size(16){   着任:2019年7月1日以降、できるだけ早い時期};~
&size(16){   応募締切:2019年5月17日 正午 必着};~
&size(16){   リンク:[[https://www.kek.jp/ja/Jobs/2019/03/accl18-12jyokyou.pdf]]};~


&size(16){  ● ''国立大学法人 東京大学 光量子科学連携研究機構''};~
&size(16){   公募:特定研究員 若干名};~
&size(16){   所属:東京大学理学研究科, 工学研究科または物性研究所};~
&size(16){   勤務先:東京大学本郷キャンパスまたは柏キャンパス};~
&size(16){   募集分野:光量子科学};~
&size(16){   研究内容:以下の大型プロジェクトに関連した研究開発活動に従事};~
&size(16){    ・Q-LEAP「先端レーザーイノベーション拠点『光量子科学によるものづくりCPS化拠点』部門」};~
&size(16){    ・SIP「光・量子を活用したSociety5.0実現化技術『CPS型レーザー加工機システムによるスマート製造推進拠点』」};~
&size(16){    ・COI-STREAM「コヒーレント光技術によるイノベーション拠点」};~
&size(16){    ・NEDO「高輝度・高効率次世代レーザー技術開発『次世代レーザー及び加工の共通基盤技術開発』」};~
&size(16){   応募資格:};~
&size(16){    (1) 博士号の学位取得者、またはこれと同等以上と認められる者};~
&size(16){   任期:最短で2020年3月31日まで、最長で2028年3月31日まで更新可能};~
&size(16){      ※プロジェクトの個々の課題毎、応募者の希望職務に基づき、審査/内定時に提示};~
&size(16){   着任:2019年4月1日以降できるだけ早い時期};~
&size(16){   応募締切:2019年5月10日(適宜審査を行い採用)};~
&size(16){   リンク:[[http://www.utripl.u-tokyo.ac.jp/20190510-koubo/]]};~

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS