#author("2019-10-24T11:48:05+09:00","default:beamSec","beamSec")
#author("2020-07-30T15:26:31+09:00","default:beamSec","beamSec")
**[[''公募・採用の案内'']] [#o1b81d1a]
&size(18){  ''各学協会、大学、研究機関で掲載された公募・採用情報を紹介して''};~
&size(18){  ''おります。正確な情報は各リンク先でご確認ください。''};~

&size(16){ ''<募集終了した公募・採用情報>''};~
&size(16){  [[公募・採用(2018年度)]], [[公募・採用(2019年度)]]};~

&size(16){  [[公募・採用(2018年度)]], [[公募・採用(2019年度)]], [[公募・採用(2020年度)]]};~
&size(16){ ''<募集している公募・採用情報>''};~
&size(16){  ● ''公益財団法人 高輝度光科学研究センター 回折・散乱推進室''};~
&size(16){   公募:研究員(定年制) 1名};~
&size(16){   配属:回折・散乱Ⅱグループ};~
&size(16){   研究内容:};~
&size(16){    (1) SPring-8高輝度放射光を活用する測定手法の開発};~
&size(16){    (2) 利用実験技術の高性能化};~
&size(16){   応募資格:};~
&size(16){    (1) 博士の学位取得者(2020年3月までの学位取得予定者), または};~
&size(16){    (2) 同等以上の能力を有する方で、当該研究の推進に意欲のある方};~
&size(16){      ※特に経験は問わない};~
&size(16){   任期:なし};~
&size(16){   着任時期:2020年2月1日以降可能な限り早い時期};~
&size(16){   応募締切:2019年11月15日(金) 必着};~
&size(16){   リンク:[[http://www.jasri.jp/human-resources/research-job/331.html]]};~

&size(16){  ● ''特定研究開発法人 理化学研究所 放射光科学研究センター''};~
&size(16){   公募:任期制研究員 若干名};~
&size(16){   配属先:放射光科学研究センター 加速器研究開発グループ};~
&size(16){   研究内容: };~
&size(16){     ・数kHzの高繰り返しを可能にするSACLA-II実用化に向けた研究開発};~
&size(16){     ・加速器運転合理化に関連したSACLA/SPring-8加速器システムの高度化};~
&size(16){     ・次世代放射光施設(軟X線向け高輝度3GeV級放射光源)の加速器建設};~
&size(16){   資格:博士号取得者(見込みも可), 加速器の専門的知識は問わない};~
&size(16){   任期:単年度更新で採用日から7年を上限に更新可能};~
&size(16){   着任:2020年4月以降のできる限り早い時期};~
&size(16){   応募締切:2020年1月15日 必着};~
&size(16){   リンク:[[https://www.riken.jp/careers/researchers/20191008_5/index.html]]};~
  ●''千葉工業大学教育センター[物理教室]''~
   職名及び人数:准教授または助教1名~
   所属 :情報科学部教育センター~
   専門分野:素粒子・原子核・宇宙物理~
   応募締切:2020年9月19日(土)(必着)~
   リンク:https://www.it-chiba.ac.jp/media/boshu20200729.pdf

&size(16){  ● ''国立大学法人 東京大学 物性研究所''};~
&size(16){   公募:特任助教 1名};~
&size(16){   所属:極限コヒーレント光科学研究センター(小林研究室)};~
&size(16){   研究内容:};~
&size(16){    (1) 最先端レーザー開発};~
&size(16){    (2) レーザー加工における光と物質に関する物理過程の解明};~
&size(16){    (3) AIを取り入れた新たな学理フレームワークの構築、精密分光};~
&size(16){   応募資格:修士課程修了、またはこれと同等以上の能力を持つ方};~
&size(16){   着任:採用決定後のできるだけ早く};~
&size(16){   応募締切:2019年10月31日(必着)};~
&size(16){   任期:2025年3月31日まで(年度更新、最終任期を延長する場合があり)};~
&size(16){   リンク:[[http://www.issp.u-tokyo.ac.jp/maincontents/jobs/detail/0107-pra-koba.pdf]]};~
  ●''京都大学複合原子力科学研究所教員公募''~
   職名及び人数:教授 1名~
   研究部門等 :粒子線腫瘍学研究センター(粒子線医学物理学研究分野)~
   職務内容:原子炉および加速器を用いたホウ素中性子捕捉療法研究において、医学物理学分野の研究と教育を担当し、~
        共同利用および共同研究をも推進する。特に、研究所に設置されたサイクロトロンを用いた加速器BNCTの~
        利用拡大を含む開発的高度化研究、及び、加速器BNCT研究に係わるサイクロトロン運用の責任者としての業務を遂行する。~
   応募期限:令和2年12月25日(金)必着のこと。(午後5時まで受付)~
   リンク:https://www.rri.kyoto-u.ac.jp/wp-content/uploads/professor_20200715.pdf

&size(16){  ● ''兵庫県立大学 高度産業科学技術研究所''};~
&size(16){   公募:助教 1名};~
&size(16){   所属:光・量子科学技術大講座ビーム物理学分野};~
&size(16){   専門分野:};~
&size(16){    (1) AIをはじめとする計算科学または加速器技術に精通している方};~
&size(16){    (2) ニュースバル放射光施設の自動運転等の開発および加速器の高度化を担う方};~
&size(16){    (3) 放射光利用分野の新規分野開拓に意欲を持って取り組める方};~
&size(16){   教育担当:};~
&size(16){    (1) 工学部機械・材料工学科の科目};~
&size(16){    (2) 工学研究科材料・放射光工学専攻の科目};~
&size(16){   応募資格:};~
&size(16){    (1) 博士号取得者、または着任時までに取得見込みの者};~
&size(16){    (2) 上記専門分野の研究・教育に熱意がある方};~
&size(16){   着任:2020年4月1日};~
&size(16){   応募締切:2019年10月31日(必着)};~
&size(16){   任期:5年(1回再任可、再任後の任期は5年)};~
&size(16){   リンク:[[http://www.lasti.u-hyogo.ac.jp/shinki/2019beamkoubo.pdf]]};~
  ●''佐世保工業高等専門学校''~
   職名・人員:助教 1名~
   所属学科:電気電子工学科~
   応募資格:次のいずれにも該当する方~
        (1) 高等専門学校における教育(学級担任,クラブ顧問,学寮での学生指導を含む。)~
          及び研究に理解と熱意を持って取り組むことができる,心身ともに健康な方~
        (2) 博士の学位を取得,又は採用予定日までに取得の見込みの方で,工学系大学院修士課程の~
          内容以上の電気磁気学の講義・演習ができる方~
        (3) 令和3年4月1日において30歳以下の方(雇用対策法施行規則第1条の3第1項第3号の~
          イの適用により,長期勤続によるキャリア形成を図るため)~
        (4) 佐世保市近郊に在住可能な方~
   応募締切:令和2年10月23日(金)必着~
   リンク:https://www.sasebo.ac.jp/snct/wp-content/uploads/2020/07/2020e_prof3.pdf

&size(16){  ● ''国立大学法人 広島大学 先端物質科学研究科''};~
&size(16){   公募:助教(テニュアトラック) 1名};~
&size(16){   所属:先端物質科学研究科};~
&size(16){   専門分野:加速器物理についての実験的および理論的研究};~
&size(16){   教育面における職務内容:};~
&size(16){    (1) 学部生の一般物理教育};~
&size(16){    (2) 学部生の専門物理実験};~
&size(16){    (3) 大学院生の物理セミナー};~
&size(16){    (4) その他の一般教育};~
&size(16){   応募資格:};~
&size(16){    (1) 博士の学位を有する、もしくは同等の能力を有する方};~
&size(16){    (2) 英語による物理学教育ができる方};~
&size(16){    (3) 若手の海外の方が望ましい};~
&size(16){   着任:2020年4月1日};~
&size(16){   応募締切:2019年10月31日(必着)};~
&size(16){   任期:5年(5年目にテニュアトラック審査)};~
&size(16){   リンク:[[https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&ln=1&id=D119080644&ln_jor=1]]};~
  ●''九州大学大学院工学研究院エネルギー量子工学部門教授公募''~
   職種:教授~
   募集人員:1名~
   勤務場所 :京都大学自然科学域統合化学系:化学研究所 附属先端ビームナノ科学センター レーザー物質科学研究領域~
                       (大学院理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻 物理第2分野 協力講座)~
                       (所在地:宇治市五ケ庄 京都大学宇治キャンパス)~
   職務内容:高強度レーザーを基盤とした新たな光科学の開拓~
   応募期限:令和2年9月30日(水)必着~
   リンク:https://www.kuicr.kyoto-u.ac.jp/sites/news/koubo_200709/

&size(16){  ● ''国立大学法人 群馬大学 大学院理工学府''};~
&size(16){   公募:教授 1名};~
&size(16){   所属:理工学基盤部門};~
&size(16){   専門分野:物性物理学(理論また実験。広い意味での物性物理学を含む)};~
&size(16){   教育面における職務内容:};~
&size(16){    (1) 大学院生の専門教育・研究指導};~
&size(16){    (2) 理工学基礎としての物理の学部初年次教育};~
&size(16){    (3) 高学年次教育、教養教育};~
&size(16){    (4) 研究室の運営};~
&size(16){   応募資格:};~
&size(16){    (1) 博士の学位を有し、大学院・学部の教育ができる方};~
&size(16){    (2) 物理学の分野で独創的かつ先導的な研究が展開できる方};~
&size(16){    (3) 理工学を基礎として物理教育に熱意を持って取り組める方};~
&size(16){   着任:2020年10月1日};~
&size(16){   応募締切:2019年12月16日(必着)};~
&size(16){   任期:5年、任期中の業績審査により任期なしとして雇用可能};~
&size(16){   リンク:[[http://www.st.gunma-u.ac.jp/recruitment/documents/2019/kobo2019121601doc01.pdf]]};~
  ●''九州大学大学院工学研究院エネルギー量子工学部門教授公募''~
   募集人員:教授 1 名~
   業務内容教育・研究~
   所属:九州大学大学院工学研究院エネルギー量子工学部門原子核・量子線工学講座~
   研究分野:本講座は量子線ビームの利用を高度化し、原子核や素粒子が関与する物理現象を応用することを目指して、~
        原子核反応工学、量子線計測学、加速器工学などの教育・研究を行っています。また、加速器・ビーム応用科学センターの~
        運営にも積極的に関与しています。本公募は、量子線計測技術の開発・応用に関する教育と最先端研究を~
        担う熱意ある人材を募るものです。~
   公募締切:令和2年10月30日(金)必着~
   リンク:https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail/%E5%85%AC%E5%8B%9F%E8%A6%81%E9%A0%98%EF%BC%88%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E5%B7%A5%E5%AD%A6%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%99%A2%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E9%87%8F%E5%AD%90%E5%B7%A5%E5%AD%A6%E9%83%A8%E9%96%80%E6%95%99%E6%8E%88%EF%BC%89.pdf?fn=99&id=D120070486&ln_jor=0&seqNo=1

&size(16){  ● ''自然科学研究機構 核融合科学研究所''};~
&size(16){   公募:教授 1名};~
&size(16){   所属:プラズマ加熱物理研究系 粒子ビーム加熱物理研究部門};~
&size(16){   研究内容:};~
&size(16){    (1) 大型ヘリカル装置の重水素実験におけるプラズマ性能の向上};~
&size(16){    (2) プラズマ閉じ込め物理の解明と改善の研究推進};~
&size(16){    (3) 加熱システムの安定化・高効率な運転の実現};~
&size(16){    (4) 加熱システムの最適化や物理現象の解明};~
&size(16){   希望資格:};~
&size(16){    (1) 博士の学位を有すること};~
&size(16){    (2) 当該部門の研究分野において実績があること};~
&size(16){    (3) 国内外の共同研究の推進に意欲があること};~
&size(16){    (4) 学生の教育に意欲があること};~
&size(16){   着任:採用決定後のなるべく早い時期};~
&size(16){   応募締切:2019年11月1日 17時(必着)};~
&size(16){   任期:5年(業績評価により再任も可)};~
&size(16){   リンク:[[http://www.nifs.ac.jp/jinji/1-28.pdf]]};~
  ●''理化学研究所''~
   募集研究室:仁科加速器科学研究センター 加速器基盤研究部 リニアックチーム~
   募集職種、募集人数:チームリーダー 1名~
   職務内容:リニアックチームを主宰し、RILAC全体の運転・維持管理・高度化の推進において主導的役割を担う。~
        既存の周波数可変線形加速器の安定運用、性能向上を担うのみならず、特に多様な大強度重イオンビームの~
        供給を目指して、新たに導入された超伝導線形加速器で28-GHz超伝導ECRイオン源から供給される~
        大強度ビームを安定に加速する技術を確立する。また、センターの他の研究開発チームと協力して、~
        RILAC の高い性能を活かした研究を技術的に推進する。ここで得られる最新技術を発信するとともに、~
        国内外の研究機関と連携してさらなる高性能加速器の研究開発を行い、加速器及びそれを利用する~
        科学コミュニティヘの貢献をしていただく。これらの研究活動を通してチームにおける人材の育成にも努める。~
   締め切り:2020年09月14日 必着 正午(日本時間)必着 ~
   リンク:https://www.riken.jp/careers/researchers/20200706_1/index.html

&size(16){  ● ''特定研究開発法人 理化学研究所 仁科加速器科学研究センター''};~
&size(16){   公募:特別研究員(*)または協力研究員(+) 若干名};~
&size(16){     (*)博士号取得5年以内, (+)博士号取得5年を超える方};~
&size(16){   配属先:仁科加速器科学研究センター 加速器基盤研究部 加速器高度化チーム};~
&size(16){   研究内容: 以下のいずれか又は複数の研究開発を担当し};~
&size(16){     ・薄膜生成技術の開発};~
&size(16){     ・低価数大強度イオン源の開発};~
&size(16){     ・新サイクロトロンあるいは荷電変換リングの設計};~
&size(16){    RIビームファクトリーの性能向上に関わる研究開発と運転維持管理業務を担う};~
&size(16){   資格:理工学系の分野で博士号の取得した方、または採用日までに取得見込みの方};~
&size(16){   任期:単年度更新で採用日から5年を上限に更新可能};~
&size(16){   着任:2020年4月1日};~
&size(16){   応募締切:2019年11月29日 必着};~
&size(16){   リンク:[[http://www.riken.jp/careers/researchers/20190725/]]};~

  ●''一般財団法人総合科学研究機構''~
   募集職種、募集人数:特別研究員 1名~
             原則、博士号取得後5年以内の者を特別研究員として採用します。~
   職務内容:(国土交通省東北地方整備局委託事業「中性子によるコンクリート塩分濃度非破壊検査の技術開発」~
        における中性子ポータブル塩分濃度計の開発に係る研究~
   応募資格:・理工学分野の博士号を有すること。もしくは採用日までに博士号取得見込みの方。~
        ・中性子実験、または放射線計測の経験を有すること。~
        ・モンテカルロ法による粒子・放射線輸送計算の経験を有すること。~
        ・所内外の研究者と協力して円滑に業務を遂行できること。~
        ・研究推進に対して強い意欲を持つこと。~
   応募締切:候補者決定次第、締め切り~
   リンク:https://www.riken.jp/careers/researchers/20200703_2/index.html


  ●''大阪大学大学院理学研究科准教授公募''~
   概要:物理学専攻学際物理学講座豊田グループ(質量分析グループ)では、附属基礎理学プロジェクト研究センター~
      重点研究推進部門先端質量分析学研究グループと連携し、質量分析学、とりわけ質量分析装置開発と開発した~
      装置による分野横断型研究に、意欲的に取り組んでいただける准教授を公募いたします。~
   職名:准教授~
   募集人数:1名~
   所属:大学院理学研究科(物理学専攻学際物理学講座豊田グループ)~
   勤務場所:豊中キャンパス(大阪府豊中市待兼山町1-1)~
   専門分野:実験物理学~
   職務内容:物理学専攻学際物理学講座豊田グループおよび附属基礎理学プロジェクト研究センター重点研究推進部門~
        先端質量分析学研究グループのスタッフと協力して、質量分析学、とりわけ質量分析装置開発と開発した~
        装置による分野横断型研究を遂行する。研究に加え、理学部物理学科および大学院理学研究科物理学専攻の~
        教育を担当し、組織運営にも携わる。~
   応募資格:[必須条件](1)博士の学位を有することあるいはそれと同等の学識を有すること~
             (2)業務遂行に支障のないレベルの日本語の能力があること~
   採用日:2021年4月1日以降のできるだけ早い時期~
   リンク:https://www.sci.osaka-u.ac.jp/sci_table/1/upfile/pdf/20200005/R030401associateprofessorphysics.pdf



  ●''立教大学SRセンター''~
   任用職名:助教(任期制)~
   募集人数:1名~
   所属:立命館大学理工学部物理科学科~
   専門分野:実験物理学(放射光励起物理分野)~
        物理科学科の実験・講義を担当するとともに、当該分野の教員と協力し、本学 SR センターを用いた~
        放射光測定を始めとする実験手法を駆使して、物質・材料のさまざまな興味ある物性の機構解明に寄与できる方。~
        なお、過去の専門分野は問いません。~
   着任時期:2021年4月1日~
   任用期間:2021年4月1日~2026年3月31日「契約更新(再任)あり」~
        教育上の能力、研究業績、勤務状況、授業の実施状況を総合的に審査の上、双方合意の場合、~
        本学校法人との通算雇用期間が10年を超えない範囲で1回に限り更新することがあります。~
   応募締切:2020年8月21日(金)必着~
   リンク:http://www.ritsumeikan-trust.jp/publicinfo/file/se-guideline200610.pdf

  ●''高エネルギー加速器研究機構 加速器研究施設''~
   公募:教授 1名~
   業務内容:加速器研究施設に属し,J-PARCリニアック用高周波源の性能向上に関する~
        研究・開発および維持・運転において中心的な役割を担う。また、加速器研究施設が~
        行う加速器の運転・維持・性能向上に従事するとともに、高エネルギー加速器研究機構が~
        進める将来計画に必要な加速器技術の開拓的研究を行う。勤務地は東海キャンパスとする。~
   応募資格:研究教育上の能力があると認められる者。~
   着任:採用決定後、できるだけ早い時期~
   応募締切:2020年8月7日(金)正午必着~
   任期:なし~
   リンク:https://www.kek.jp/ja/Jobs/2020/06/05/1529/


  ●''高エネルギー加速器研究機構 加速器研究施設''~
   公募:助教 1名~
   業務内容:加速器研究施設に属し、超伝導リニアック試験施設(STF)や超伝導加速器利用促進化推進棟(COI)~
        において展開している超伝導空洞の表面処理に関する安全業務を遂行する。表面処理施設は強酸を~
        使用するため機構内外の機関と連携して化学安全、環境安全を保障する。管理部門との連携、~
        公的機関への届け出業務のため日本語が堪能であることが必要である。また、超伝導空洞の~
        表面処理に関する開発研究、表面処理施設の運転・維持・性能向上に従事する。~
   応募資格:化学安全等に関する経験、知識を有し研究教育上の能力があると認められる者。~
   着任:採用決定後、できるだけ早い時期~
   応募締切:2020年8月7日(金)正午必着~
   任期:なし~
   リンク:https://www.kek.jp/ja/Jobs/2020/06/05/1536/

  ●''高エネルギー加速器研究機構 加速器研究施設''~
   公募:特任助教 1名~
   業務内容:加速器研究施設に属し、超伝導リニアック試験施設(STF)や超伝導加速器利用促進化推進棟(COI)~
        において展開している超伝導空洞の表面処理に関する安全業務を遂行する。表面処理施設は強酸を~
        使用するため機構内外の機関と連携して化学安全、環境安全を保障する。管理部門との連携、~
        公的機関への届け出業務のため日本語が堪能であることが必要である。また、超伝導空洞の~
        表面処理に関する開発研究、表面処理施設の運転・維持・性能向上に従事する。~
   応募資格:研究教育上の能力があると認められる者。これまでの研究分野は問わない。~
   着任:採用決定後、できるだけ早い時期~
   応募締切:2020年8月7日(金)正午必着~
   任期:単年度契約で最長2023 年3月~
   リンク:https://www.kek.jp/ja/Jobs/2020/06/05/1542/

  ●''高エネルギー加速器研究機構 加速器研究施設''~
   公募:助教 若干名~
   業務内容:加速器研究施設では、J-PARC 陽子加速器、SuperKEKB コライダー、放射光源加速器(PFとPF-AR)、~
        及び電子陽電子入射リニアックの設計・建設・運転・性能向上に関連する加速器の研究を行うとともに、~
        次世代光源、リニアコライダーなどの将来計画に向けた加速器技術開発、産業・医療応用、加速器理論等の~
        加速器に関する広範な研究を進めている。採用後は、加速器研究施設が進めているいずれかの~
        プロジェクトに属して、加速器の運転、維持、開発研究を行う。~
   応募資格:研究教育上の能力があると認められる者。これまでの研究分野は問わない。~
   着任:2021年4月1日以降、できるだけ早い時期~
   応募締切:2020年9月30日(水)正午必着~
   任期:任期なし。~
   リンク:https://www.kek.jp/ja/Jobs/2020/06/05/1543/

  ●''高エネルギー加速器研究機構 加速器研究施設''~
   公募:特別助教 若干名~
   業務内容:加速器研究施設に属し、以下のいずれかのプロジェクト:~
        ・J-PARC 陽子加速器~
        ・SuperKEKB コライダー(リングおよび電子陽電子リニアック)~
        ・放射光源加速器(PF/PF-AR)~
        において、建設・運転維持・性能向上に従事するとともに、~
        関連する加速器の将来計画に向けた開発研究を進める。 ~
   応募資格:研究教育上の能力があると認められる者。これまでの研究分野は問わない。~
   着任:2021年4月1日以降、できるだけ早い時期~
   応募締切:2020年9月30日(水)正午必着~
   任期:任期4年~
   リンク:https://www.kek.jp/ja/Jobs/2020/06/05/1544/

  ●''高エネルギー加速器研究機構 加速器研究施設''~
   公募:博士研究員(常勤) 若干名~
   業務内容:加速器研究施設では、J-PARC 陽子加速器、SuperKEKB コライダー、~
        放射光源加速器(PF と PF-AR)、及び電子陽電子入射リニアックの~
        設計・建設・運転・性能向上に関連する加速器の研究を行うとともに、~
        次世代光源、リニアコライダ ーなどの将来計画に向けた加速器技術開発、~
        産業・医療応用、加速器理論等の加速器に関する広範な研究を進めている。~
        採用後は、加速器研究施設が進めているいずれかのプロジェクトに属して、~
        加速器の開発研究を行う意欲的な若手研究者を求めている。~
   応募資格:応募締切時点で博士の学位を有する者、または着任までに博士学位取得が確実な者。~
        これまでの研究分野は問わない。~ 
   着任:2021年4月1日以降、できるだけ早い時期~
   応募締切:2020年9月30日(水)正午必着~
   任期::単年度契約で2年~
   リンク:https://www.kek.jp/ja/Jobs/2020/06/05/1545/


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS