ビーム物理研究会会則


2001年1月

2012年3月改正

前文

ビーム物理は、加速器ビームの物性研究を内に含み、ビーム・プラズマ相互作用、ビーム・レーザー相互作用、非中性プラズマ、光子ビーム、イオントラップなどのおびただしい分野を統合する概念である。このような学問分野が存在するという確信のもとにビーム物理同好会が1996年に結成され、活発に活動してきたが、ビーム物理の研究を社会に広く公開し、他分野との交流を活発にする必要性が認識されるようになった。

ビーム物理は、ビームに対する知的興味に基づく科学であるが、ビームはなんらかの装置によって作られるものであるから、装置の研究とも深く関係する。各種ビーム装置における「当面の技術的問題」の解決において、ビーム物理的態度が有用かつ必要である。ビーム物理の研究とビーム物理的態度の普及によって、人間と科学技術の調和ある発展に資することを確信し、「ビーム物理研究会」を結成する。

2001年1月1日 ビーム物理研究会世話人一同

第一条
1. 本会は、ビーム物理研究会と称する。
2. 本会は、ビーム物理研究に関心をもつ会員により組織する。

目的
第二条
1. 本会は、ビーム物理研究の推進と発展をはかる事を目的とする。
2. 本会は、前項の目的を達成するため、下記の事項を行う。
    1)ビーム物理とその応用に関する学術的活動。
    2)ビーム物理研究発表会。
    3)その他、本会の目的を達成するために必要な事項。

総会
第三条
総会は、年に1回開催する。

事務局
第四条
本会は、会の円滑な運営を行うために事務局をおく。

世話人会
第五条
1. 本会に、世話人会を置く。
2. 世話人会は、本会の運営を審議する。
3. 世話人は総会で選出する。
4. 世話人の中から互選により世話人代表及び副代表を選出する。
5. 世話人代表、同副代表はビーム物理研究会会長、副会長をかねる。

付則
第六条
本会則の改正は、総会に於いて出席会員の過半数をもって可決成立する。

本会則は2001年1月1日から実施する。

細則

1、会員および会費: 会員になろうとする者は所定の入会申し込み書に記入して、世話人会に申し込み、その承認を得なければならない。申し込み書の様式は世話人会が決定する。会員名簿は広く公表し、名簿には、日本物理学会名簿と同等またはそれ以下の情 報を 公表する。会員は世話人会が会費の徴集を決定した場合にはそれに従わなければならない。会員がビーム物理研究会の尊厳を著しく損なう行為をなした場合、世話人会は会員の登録を抹消できる。

2、世話人会:世話人会の決議は世話人会出席者の過半数の賛成による。世話人会は世話人会代表が召集する。世話人会における代理は認めないが、他の世話人に全権を委任することができる。代表は世話人会を年1回以上開催しなければならない。

3、総会:世話人は総会によって選出される。会長は世話人候補を推薦し、毎年、総会にはからなければならない。

4、ビーム物理研究会発足当初の会員は、発足時のビーム物理同好会世話人全員とする。

5、細則の変更は世話人会の過半数の賛成によって成立する。

6、世話人代表は随時『世話人候補』を指名出来る。総会での承認を待たずに『世話人候補』は世話人会メーリングリストへ登録され、実質的には世話人として活動出来る。

トップページへ戻る